知恵袋の回答はお金を借りたい人にとって得?それとも損?

 

Yahoo!の質問サイトである「知恵袋」はいろいろなジャンルでさまざな質問や回答を閲覧したり、参加できるサイトです。

 

何年か前に有名大学の入試の際にカンニングとして「知恵袋」を使ったというニュースもある程、需要が高いサイトです。
その知恵袋の質問には「お金を借りたい」人の質問も多く存在して、その回答を待っている状態です。実際のところ
知恵袋の回答は本当に、お金を借りたい人の「ため」になっているのでしょうか。

 

知恵袋の質問とは

 

Yahoo 知恵袋

アコムでお金を借りたいどうすればいい

アコムの借り入れ内容のことを丁寧に回答

 

学生だけどプロミスでお金を借りたい

書類とかで家族にバレる可能性があるから銀行のカードローンを使ってみる。
借金を滞納しなければ、家に連絡がくることはないし、 主がバイトして収入があれば借り入れができる。

 

正当な回答が多く質問した人の「ため」になる内容が多いです。

 

 

知恵袋から「お金借りたい」と検索すると
「お金を借りたい人が審査に通るコツ」などキャッシングサイトにリンクしていることから、
素早く自分の状況にあった金融会社を見つけるメリットもあります。
質問した回答を待つだけではなく自分から情報を収集する資料になるでしょう。

 

知恵袋で気をつけること

 

Yahoo 知恵袋

知恵袋は個人間融資というより、「悩みを相談」の場になっているケースが多いですが、
中には業者が紛れていて、怪しい個人間融資のサイトや闇金のサイトのリンクを貼って誘導する輩も潜んでいるため、全部鵜呑みにするのは危険です。

 

あまりにもリンクが貼ってある回答は、なるべく見ない方が良いかもしれません。
消費者金融のホームページでも触れない方がいいので、自分の検索サイトからホームページにいくことをおすすめします。

 

知恵袋の大半の回答者は親身になって質問に答えているし、時には条件が厳しいと叱咤する内容もあります。

 

お金を借りたいいう状況は人それぞれ。複数から借り入れていてもなおお金が必要な人と初めてお金を借りる人とでは条件が違うので、全ての回答が当てはまらないというのが、知恵袋のデメリットであることを覚えておきましょう。

 

■最後に:知恵袋は比較的安全だけど総合的な答えしかない

 

お金を借りたい人の相談が多い知恵袋は、総合的な回答しか得られません。

 

深く入り込んだ個人間取引のようなやり取りは少なく、
全ての人のお金の悩みが解決できる保証はありません。

 

Yahoo!という大手の質問サイトであり、安心と信用度が高いので質問くらいは投稿しても良いと考えていますが、
あくまでも回答を参考にして自分が行動を起こさない人でないと、知恵袋を通してお金の問題を解決することは難しいかもしれません。

ライフティ
ライフティは最近有名になってきたキャッシングの会社になります。審査基準も独自のものをもっていますので他のところからNGだった場合でも大丈夫な可能性がありますので、申し込みをしてみるとよいと思います。